Talk Session

若手社員のホンネ

~実際働いてみてどうですか?~

華やかに見えるホテル
お客様に接する表の仕事と裏から支える仕事
双方が信頼しあいチームとなっていく

ホテルを決めるのは、
何を経験できるかと働く人の雰囲気。

― 入社動機と今までの経歴を教えてください

渡邉

渡邉

学生時代に語学を学び、留学や海外旅行に行っていました。そのような経験から、海外の人と出会える場所、たくさんの人が集まる場所で仕事をしたいと思い入社しました。入社後は赤坂エクセルホテル東急、二子玉川エクセルホテル東急でホテルの現場を経験し、その後本社で国内エージェントセールスの部署に在籍しました。そして大阪のホテル開業に合わせて2年ほど出向し、今は本社でマーケティングと営業企画を担当しています。

石神

石神

魅力的な空間をつくる、ディスプレイの仕事に興味がありました。就職活動をしていく中でホテルの空間がとても魅力的なことに気づき、東急ホテルズを受けました。また、ホテル業界では現場だけ、本社だけのような採用がある中、両方に携われること、人事担当者の印象がよかったことも入社を決めた理由です。入社後は羽田エクセルホテル東急に配属になり、料飲と客室部門を経験しました。現在は、本社でオーナーリレーションという業務を担当しています。ホテルのテナントとの契約関係を主に担当し、決算報告にも携わり、ホテルの運営をサポートする側としていろいろと勉強になっています。

森

実は大学入試で泊まったのが吉祥寺東急REIホテルだったんです。入試で不安な中、フロントの方が優しく接してくださったことがずっと印象に残っていました。人を支える仕事がしたいという想いと旅行好きということからホテル業界を考えていた中、大学受験時の思い出もあってこちらに就職しました。入社して東京虎ノ門東急REIホテルで現場を経験後、本社の会計センターに配属となりホテル会計、資金の流れを学びました。そしてつい先日異動し、これからは新規ホテルの開業準備室で人事を担当します。

宮本

宮本

学生時代にホテルで見かけたホテルマンが格好良くて、憧れ、そのままホテル業界を目指しました。コロナ禍でホテル業界は厳しい時期でしたが、当社のインターンシップも経験し、どうしてもホテル業界で働きたかったので迷いはありませんでした。いずれ状況は変わっていくと思っています。入社後はセルリアンタワー東急ホテルに出向し、3ヶ月間の研修やリゾートホテルを経験し、今はクレンリネス、つまり館内の清掃業務を担当しています。そのため夜勤が多い状況です。

渡邉

渡邉

夜勤、大変ですね。仕事内容も。

宮本

宮本

そうですね、でも皆さん現場では夜勤を経験しますよね。掃除はお客様があまり使っていない時間に行うので、どうしても夜が中心になります。最初は掃除か、と思ったこともありましたが、逆に、今まで掃除をしてくれていた人たちの気持ちを考えたり、学ぶことが多いと思っています。それから渋谷という土地柄か夜勤の時間にもお客様の出入りが多いので、ロビーの掃除もホテルマンらしくスマートに行うなど、ただ担当業務をこなすのではなく自ら考え工夫するように心がけています。

お客様に見えないところでの努力、上司との距離感、
さまざまなギャップを感じた現場。

― 本社採用として入社し、ホテルの現場で感じたことは?

宮本

宮本

ホテルの清掃の仕事は、正直入社当時の想いとだいぶ違います。お客様を迎え入れるための裏の仕事の大変さがわかりました。でもいい経験だと思っています。

渡邉

渡邉

そうですね、私もホテルの裏側って大変だなと思いました。夜勤もそうですが、下準備が必要な仕事や事務的な仕事など表に出ないこともたくさんあるので、それはギャップに感じました。でも表に立った時は、裏でしっかりと仕事をしてくれる人たちがいるので安心感が持てましたし、チームってこうやって作られるんだとも思いました。

宮本

宮本

チームプレーというところは感じます。

森

私は入社前にホテルは厳しい人がいるかと思っていたのですが、支配人やマネジャーが意外と気さくに声をかけてくれたりして、上の人たちとも距離が近いから働きやすいなといい意味でのギャップもありました。

渡邉

渡邉

それは企業文化というところもある気がしますね。

現場を経験したからこそ、
本社から現場に向けて発信ができる。

― 本社での仕事に現場の経験は活かされていますか?

宮本

宮本

私は本社を経験していませんが、今、清掃の仕事をしていて、現場の仕事を知らないと、外部の業者への発注も見当違いなことをしそうだなと思いますし、自分が今経験している掃除以外のことも今後大事になると感じますね。

森

コロナの影響により休業をしていた期間もあり、現場での経験が少ないまま本社に行って、現場の必要性をすごく感じています。キャッシャーも触ったことがないままだったので、ホテルから質問がきても最初何のことを言っているのかもわからない、そのような状態でした。きっと現場にいた時に自分から上司にお願いをすれば、チャンスはあったと思いますし、もっと積極的にいろいろなことを経験しておけば良かったと痛感しています。

石神

石神

それすごくわかります。本社に異動して、自分がホテルで担当しなかった仕事についてわからないことがあると、もっと現場をやりたかったと思います。大事なんですよね、現場の仕事。

若手でも早くから仕事を任せてもらえる、
本社での仕事のやりがい。

― 今の仕事のやりがいを教えてください

石神

石神

不動産関係のことが多く入社時に思っていた仕事とは少し違うのですが、他社に行った同期の友人と比べると、ずいぶん仕事を任せてもらえている気がします。最近ではずっと空いてしまっていたホテルの地下部分に、サテライトオフィスを誘致することに携わりました。もちろん一人ではないですが、いろいろと準備をして、今必要とされていることだと経営陣を説得し承認を得ることができたので、やりがいがありました。

宮本

宮本

現場で経験を積んで、本社で活躍している先輩の話を聞くと励みになります。

森

小さい話になりますが、ホテルでお客様に名前を覚えてもらえると嬉しかったです。会計センターでは、全国の現場で会計に携わっている人たちとつながって仕事ができていたのがやりがいでした。次は開業準備室の人事として一からホテルをつくる仕事なので、どのような新しいつながりができるか楽しみです。

渡邉

渡邉

私は商品企画を担当しているので、やはり企画したものが世に出て、お客様に喜んでもらえた時が嬉しいしやりがいを感じます。また一つのホテルではなく、全国チェーンという規模で企画するというのも大きいですね。

会社自体が変わろうとしているから、
私たちも希望が持てる。

― どのようなところに東急ホテルズの良さを感じますか

渡邉

渡邉

今、Next Leaders Factory という企画で、若手が学ぶ場、若手同士の話ができる場があり、会社が私たちの意見を取り入れてくれようとしている、即戦力として育てようとしているのを感じます。スピード感も感じますね。また、女性活躍推進というところにも力を入れていて、私もそのグループに所属しています。そういうところから会社の変わろうという意志が伝わってきますので、これからも東急ホテルズは成長していける会社だと感じています。そしてその動きに応え、メインとなる人材として頑張っていきたいなと思います。

石神

石神

私はスピード感ということに対してはもっとあってもいいんじゃないかと思います。もっと若手に意見を言わせて、若手を中心とした部署なんかが出てきてもいいんじゃないかと思うんです。今、当社を利用してくださっているお客様も大事にしながら、一方で若いメンバーでホテルの革新的な一面をもっと引き出せるといいなと思っています。今、変革期だと感じていますし、ある意味チャンスかと。自分も頑張りたいですね。

宮本

宮本

本当にコロナをきっかけにこれまでのオペレーションの問題が出てきました。食事のデリバリーも変わりましたよね。ホテルも変わることが必要なのではないかと思います。いいアイデアが出たら、スピード感を持って実現させたいし、そういうことに協力していきたいです。

森

変化と言えば、これから担当する新宿の新規開業ホテル計画は、すべてが東急ホテルズの新たな試みだと思います。新たなターゲット層の獲得のため、1つの建物にコンセプトの違う2つのホテルを併設すること。また、複合エンターテインメント施設へ出店し、エンターテインメントとの連携した商品企画も考えています。伝統を大切にしつつも、挑戦することを忘れていないなと感じました。

宮本

宮本

ただ泊まるだけのところではなくなってきている。当社は全国にいろいろなタイプのホテルを持っているし、次々とアイデアが出て変化していけるといいなと思います。ホテルの常識は変わってきていますね。