GUIDE TOUR

事業から、仕事、組織文化に至るまで
東急ホテルズのすべてが5分で分かるガイドツアー

世界に誇る
日本のおもてなしの
その先へ。

次の100年。
日本のおもてなしのネクストスタンダードは、
わたしたち東急ホテルズが創っていく。

古来より、脈々と受け継がれてきた
日本人ならではの「おもてなし」の精神は
世界にも通用するホテルサービスを作り上げてきた。
しかし、わたしたちはいつも問いかけている。
今のおもてなしの先には、一体何があるのか?と。

歴史に縛られるな。
伝統に固執するな。

誰よりも先に、その答えを見つけ、誰よりも先に、形にする。
この滾る情熱とたゆまぬ努力が、
また再び、世界を驚かせることになるだろう。

世界に多大な影響をもたらしているコロナ禍。
しかし、わたしたちは決して下を向いてなんかいない。
いま、この状況でできるベストを尽くそう。
そして人類がこの苦難を乗り越えたとき、
日本のおもてなしをお届けする先駆者となろう。
観光産業が輝きを取り戻す旗振り役となろう。

さあ、挑もう。
いつの時代も、革新への挑戦が歴史を作ってきたのだ。
日本のおもてなしのネクストスタンダードは、
わたしたち東急ホテルズが創っていく。

TOP MESSAGE

株式会社東急ホテルズ
取締役社長

村井 淳

確実なことのない、変化の激しい時代。
その中で新しい価値をつくることができる「イノベーティブな発想」が必要。
東急ホテルズは若い世代とともに改革を進めています。

2018年までホテル業界はお客様が増え続け、すばらしい未来を描いていました。しかし新型コロナウイルス感染症の世界的な流行により、その流れは一変し、観光産業全体が厳しい状況に追い込まれました。経営環境が元に戻ることを期待する声もありますが、私はそうではなく、戻らないものとして変化を考えることで、これからの事業が開けると思っています。確実なことが何もない時代。だからこそ、その中でどうやって生き抜いていくか。時代を読み、新しい価値をつくるためにも、イノベーティブな発想が必要です。私たちは今、アフターコロナの中でホテル事業の価値をあげることを目標に、会社自体の自己変革を進めています。いまこそ若手社員の可能性に大きく期待をしています。

多種多様な仕事があるのがホテル業。
現場や本社、いろいろな業務を経験できる、
学びがいのある事業です。

ホテル業界には、皆さんが思っている以上にいろいろな仕事があります。現場での対お客様の接客サービスや運営(オペレーション)の仕事はもちろんのこと、例えば、商品をつくるマーケティングの仕事、不動産の知識が必要な仕事をはじめ、会計や人事マネジメントなど、広く経営を学ぶことにつながる多くの仕事があります。これはホテル業で働くことの大きなメリットだと思います。当社の本社採用の方についても、まずは基本となるホテルの現場を経験してもらうことが前提ですが、その経験は本社勤務になった時に役立ちます。現場と本社両方の経験を通じて、自分のその後のキャリアを考えることができる。多種多様な仕事があるからこそ、個人個人の得意や興味を活かすことが可能になります。当社では、若手も自分から「これをやりたい」と新たなプロジェクトに手を挙げることを奨励する職場環境づくりが進んでおり、これからも意欲的な若手をサポートする体制をさらに準備していきます。

変化を恐れず、自分のキャリアを考え、事業を変えていく。
そのベースは学びにあり、会社はその意欲を支えたい。

昨今、厳しい経営環境の中で、社員の教育機会を削るところも見受けられますが、企業が発展していくためには、人材への投資はもっとも大切にしなくてはいけない分野だと考えています。個人のキャリアは会社がつくるものではありません。社員個人が「こういうことをやりたい」「この勉強がしたい」と自らつくっていき、それを組織がサポートする。私も、意欲を前面に出してくれる人と向き合って、事業を発展させていきたいと思っています。

例えば、「Next Leaders Factory」という若手研修制度。当社の部長クラスが塾長や講師となってビジネスモデルを講義するなど、会社内のみならず広く活用できる「ポータブル・スキル」を身につけられるような取り組みを進めています。また、会社が認める外部の研修や学びに、経済的なサポートができるような制度も設けています。

私たちの仕事は、人々のライフスタイルを考えること。
どのような人が、どう働き、遊び、暮らすのか。
ライフイベントをどのように迎えるのか。

当社は、お客様のより良い生活価値を提案してきた東急グループの一員です。多様な働き方が求められる時代の中、その可能性を探ってきました。ホテルは対お客様の仕事が中心ですが、部署によってはリモートワークも進めています。ダイバーシティの観点から、女性のリーダー・管理職の育成にも力を入れています。出産や育児を経ても、女性が働きやすい制度や環境を整えてきました。男性の育児休暇も当たり前のことになっています。これらは一例に過ぎませんが、お客様の多様な生活価値を考えた商品を企画提案するためには、人々のライフスタイルに敏感であること、自らも時代の変化を体感して、社会人生活を送ることが必要だと考えます。

時代が求めるものが変化する中で、学び続けることは強みになる。
柔軟に興味を広げ、時代が求めるものに向き合える人に期待したい。

今の時代、デジタル分野のスキルが重宝されていますが、果たして次の10年後には何が知識として必要になってくるのかわかりません。思いもよらなかった分野が脚光を浴びるかもしれません。まずは仕事を通じて、自分の「得意」と「楽しい」を探してほしい。そのためには、どのような変化に直面しても、自分から動き、学び続ける。そして新たな企画を自ら提案できるという能力は、その人にとって最大の強みになると思います。

当社では、若手や女性からの提案を募集する仕組みも作り、意見を言いやすい風土づくりに努めています。皆さんもやりたいことには、ぜひ手を挙げてください。やりたいときに学び、やりたいことをしっかり最後までやり抜く。それが大事だと思います。そして、ホテル事業の新しい価値を、一緒につくっていきましょう。

続きを読む

OUR BUSINESS

TOKYU HOTELS GROUP

北は札幌から、南は沖縄・宮古島まで
全国に45のホテルを展開。

東急ホテルズは、国内外のお客様に”TOKYU COMFORT”居心地のいいホスピタリティを提供するため、ブランド力を強化し、全国の都市に新規出店を進めています。
2021年以降も、京都東山、新宿歌舞伎町、札幌すすきの等に出店を予定しており、移り変わりの早いトレンドやお客様のニーズを察知することで、日本の観光業を牽引するホテルを開発しています。

  • 東急ホテル
  • エクセルホテル東急
  • 東急REIホテル
  • 提携ホテル

45HOTELS

12,455GUEST ROOMS

ホテルズ従業員

3,162STAFF

本社勤務

119STAFF

売上高 2021年3月期

27.5BILLION YEN

BRANDS

全国に展開する
3つのブランドホテル

東急ホテルズは、多様化するマーケットニーズに柔軟に対応するため、3つのブランドのホテルを展開しています。

期待を超える
優美な非日常

日本の誇る感動のおもてなし
その街の文化を味わう空間
ゆとりある贅沢な時間

心おどる
非日常への扉

スマートで心地よいおもてなし
その街らしさに触れる空間
いつも新しいコトに出会える時間

日常のくつろぎと
小さな感動

親しみやすいおもてなし
我が家のような居心地のいい空間
心に残る思い出の時間

FUTURE

新規のホテルを次々と開業予定。
これまでの東急ホテルズにはない、
新コンセプトのホテルも。

2020年には「横浜東急REIホテル」「富士山三島東急ホテル」がオープン。2021年以降も京都東山、新宿歌舞伎町、札幌すすきのへの出店を予定しております。

< Latest information >

2020年6月開業
横浜東急REIホテル

2020年6月開業
富士山三島東急ホテル

2022年7月開業予定
THE HOTEL HIGASHIYAMA by Kyoto Tokyu Hotel

2023年春開業予定
歌舞伎町一丁目地区開発計画

2023年度開業予定
札幌すすきの駅前複合開発計画

横浜東急REIホテル

GRAND OPEN

富士山三島東急ホテル

WORKS

JOB GUIDE

東急ホテルズは、ホテルマネジメントのスペシャリスト。
全国の東急ホテルの経営をサポート、リードする存在です。

経営をサポート、リード

  • 運営部OPERATION
  • セールス&
    マーケティング部SALES & MARKETING
  • 経営管理部ADMINISTRATION
  • 構造改革推進室STRUCTURAL REFORM
東急ホテルズ本社

JOB GUIDE

OPERATION運営部

ホテルの運営支援を行う

アメニティの選定、顧客満足度調査や改装など、全国にあるホテルの運営を多面的にサポートする。

JOB GUIDE

SALES & MARKETINGセールス&マーケティング部

東急ホテルズのファンを増やす

多くのお客様に東急ホテルズを利用してもらうため、国内外のエージェントへの販売活動、顧客分析、Webマーケティングや広告宣伝を行う。

JOB GUIDE

ADMINISTRATION経営管理部

会社と社員を支える

経営方針の策定や、会社の根幹となるヒト・モノ・カネを管理し、会社全体を支える。

JOB GUIDE

STRUCTURAL REFORM構造改革推進室

会社変革の舵取り役

事業環境の変化に迅速かつ柔軟に対応するため、DXの推進や新たなビジネスモデルを策定する

CULTURE & SYSTEM

CULTURE & SYSTEM

あなたらしさを発揮できる
仕事を自ら選び、
成長できる仕組み。

従業員の皆さんに「どう育って欲しいか」を描く「人財育成マスタープラン」と、従業員の皆さん自身が「どう成長したいか」を描く「キャリアプラン」の両側面から人財育成の仕組みを作っていること。これにより、人財が仕事を通してモチベーション高く学び、夢やありたい姿に向けて成長することができます。

キャリアサンプル(クリックして拡大)

教育・研修体系(クリックして拡大)

CULTURE & SYSTEM

座学の研修に留まらず、専門性を身につけて成長し、
活躍するための環境や制度も充実。

東急ホテルズの教育研修体系は座学によるものだけではありません。専門性を身につけて活躍するための学びの環境が充実しています。例えば、海外派遣研修やコーネルサマースクール、フランス料理留学などグローバルで学ぶことも可能です。また、実業務における学びの質を高めるためにメンター制度も導入しています。「人の成長こそが東急ホテルズのサービスをより良いものへと変える」この信念に基づき、アソシエイツのひとりひとりが学び、成長し、輝ける環境づくりに余念がありません。

ホテルスクール

海外派遣研修/コーネル大学サマースクール/フランス料理留学/海外インターンシップ

新入社員メンター制度

CULTURE & SYSTEM

従業員の「はたらく」をサポートする制度と多様な働き方

東急ホテルズはより一層の従業員満足度を向上させるため、多様な働き方や女性活躍のための制度など、様々な制度充実に取り組んでいます。

人事制度
  • ・リフレッシュ休暇
  • ・出産・育児制度
  • ・治療と勤務の両立支援制度
  • ・カムバック制度
  • ・東急共済組合
  • ・資格取得報奨金・技能手当
取り組み
  • ・社内コンテスト
  • ・石の上にも3年表彰
  • ・ステキな職場委員会
多様な働き方
  • ・外国人の積極的な採用
  • ・複線型人事制度

CULTURE & SYSTEM

「働きやすく、働き続けられ、働きがいのある職場をつくる」
職場ポリシーと 圧倒的な離職率の低さ。

当社職場ポリシーにも定めた「働きやすく、働き続けられ、働きがいのある職場をつくる」という目標は、恒常的な取り組みとして行われ、「Good Team, Good Hotel, Good Company」のビジョン実現にもつながっています。その結果、従業員満足度は向上。圧倒的な離職率の低さを実現しています。

職場ポリシー

⽬指す職場の状態
⽬指す職場の状態をつくるために⼤切な5つの要素
上司と部下、アソシエイツ同⼠が相互に尊重し、信頼し合っている
信頼
⾃分から相⼿に歩み寄ることで、信頼し合う
⼀⼈ひとりが当事者意識を持ち、⾃発的な挑戦や提案が⽣まれている
当事者意識
全員が当事者としての意識を持ち、チームとしての⽬標や意義・⽬的を捉える
前向き
全員が「できる⽅法」を考え、⽬標の実現に向けて⾃発的な挑戦や提案をし続ける
組織を越えた協⼒・連携が⽣まれている
協力
組織を超えてチームとして助け合う
東急ホテルズの⼀員としての働きがいを感じている
賞賛
感謝を伝え、お互いの貢献を称え合う